So-net無料ブログ作成
検索選択

スイフヨウ [花木(秋)]

スイフヨウ
 醉芙蓉
 アオイ科 フヨウの園芸品種  落葉低木
 学名 
Hibiscus mutabilis f. versicolor

 花期  9月~10月頃

スイフヨウの花は直径12cmほど、八重の花びらが重なるふくよかな大輪です。
朝、純白に見えた花は午後には薄いピンクになり次第に濃くなっていきます。
花の名前はお酒を飲んで顔がだんだん赤くなるのにたとえて付けられたといわ
れますが、京都植物園園長さんの「楊貴妃がお酒を飲んで頬を赤く染めた、そ
れほど美しい、の形容です。」という説明を読むとにわかになまめかしく嬉し
くなります。

私の庭には30年ほど前に植えた酔芙蓉が1株あります。
いろんな顔を見せる酔芙蓉の花、ある日ある時の表情を集めてみました。
09091420wb.jpg
この写真の撮影時刻は14時。花はわずかにピンクを帯びています。
これぞほろ酔いでしょうか。

090907-3wb.jpg
朝は素面の純白。

09170937wb.jpg
赤く見えるのは昨日咲いて夜の間にしぼんだ花、明日はポトリと落ちる。

09181243新旧wb.jpg
とはいっても、12時になってもまだ名残惜しげな花もあり。

09191314wb.jpg
13時、ほんのり染まり始める。

醉芙蓉ヨコwb.jpg
14時、横顔もあでやか。

醉芙蓉0810071436wb2.jpg
美女競演。

0909161541wb.jpg
15時、ほろ酔いにて候。

変わり咲きwb.jpg
まだ11時、この花の中心部は朝からピンクの濃淡、突然変異?

0909041328wb.jpg
この日は13時というのにはやご酩酊。
花の色は単に時刻に従って変化するのではなく、日照、気温、水分などによって
微妙に影響されているように思えます。

09201810wb.jpg
18時、花弁は衰え、紅く染まりつつも最後まで気品を保とうと。

ツボミ09161541wb.jpg
方や、明日の花となるつぼみは午後からふくらみ始める。

この花の花芯部はどの画像を見ても不明瞭です。オシベ、メシベはどうなっている
のでしょう。やはり知りたくなります。
花芯が見やすい花を探して側面から写してみました。
醉芙蓉蕊芯2wb.jpg
確かにアオイ科、8月14日記事にしたモミジアオイと同じ構造でした。
オシベとメシベが合着して蕊柱(ずいちゅう)になっています。
共にオシベにはたくさんの花粉。
酔芙蓉では蕊柱のあちこちから小さい花弁が不規則に出ていました。
花の正面からはメシベ・オシベが見えにくいのはこのためだったのです。

醉芙蓉蕊芯wb.jpg 蕊柱0859@wb.jpg

一株のスイフヨウに毎日10〜40輪ほど新しい花が咲きます。
これは昨年最も多く咲いた10月7日の画像です。今年もまだまだ咲き続けそう、
しばらく楽しめます。
0810071637wb.jpg



コメント(7)  トラックバック(0) 

コメント 7

TOKO

酔芙蓉,そんな意味が込められているのですね。
確かに美しく,きれいに色づいて,そして朝には白い花に戻っている…。

母の家にも,駐車場の脇に大きな酔芙蓉があります。
ほんとうに大きな木になってしまったので,離れて眺めることがほとんどでした。

花一つ,ちゃんと見てみると,当たり前ながら芙蓉だけあって(?),素敵なお花だったのですね。
by TOKO (2009-09-22 07:58) 

yuusuge

あ、花好きウィルス感染させそうかな?
好きになるとたいへん、もっと見たい、自分で育てたい、写真に
残したい、はてはブログまで.......次々はまっていきますよ(笑)。

酔芙蓉はいろんな顔が見れて楽しい花。
今の私はほろよいの頃が一番好きです。
by yuusuge (2009-09-22 13:22) 

花咲かばあさん

これは一株でしょうか。すごい花数ですね。
以前、ナツツバキ(沙羅双樹)の花を見せていただきましたが、どちらも一日花のはかない命を思わせますが、酔芙蓉は一花が変化していく様子を見られるのが楽しいですね。

美人の代名詞に立てば芍薬、すわれば牡丹,歩く姿は百合の花に
この酔芙蓉も加えたいような、美人を連想させる花ですね。
お酒の好きな方はこの花を眺めながら一杯、また一杯とすすんでしまいそうですね。

by 花咲かばあさん (2009-09-24 20:20) 

yuusuge

花咲かおばさん 再登場ありがとうございました。

そうなんです、これで1本の木です。高さは2.5mくらい。
花数を数えるためには1周しないといけませんので、なかなか正確には数えきれません。
水分も沢山いるのでしょう、雨が少ないと昼間は葉がぐったり垂れて枯れないかとはらはらします。

酔芙蓉の花は例えれば樹下美人とか棟方志功の版画のような豊満な美人を思い浮かべます。
芍薬や牡丹も同じように感じるのですが、百合はどうもイメージが異なるような気がして悩んでいます。

この美人達、毎日早々とランチタイムから酒宴開始なさるらしく、宵闇迫る頃にはもうご酩酊。ご一緒できなくて残念ですって。



by yuusuge (2009-09-24 22:57) 

sapporo-mama

お久しぶりです。
気がつけば、9月も終わりに近づきましたね。
札幌は 空も雲も空気も 秋です。
街路樹も紅葉が少しずつ始まってきましたよ。
ちょっと寂しさを感じるころです。

でも、yuusugeさんのお庭は、まだまだこれからって感じですね。

季節折々にバランスよく品をたたえた花達が咲き競い、
いったい何種類の植物が植えられているのでしょう。
ブログを拝見していると
なんとなくyuusugeさんのお好みが伝わってくるような・・・
本当に素敵です。

酔芙蓉・・・これまた華やかな花ですね。
ほろ酔い気分姿など、魅力たっぷりです。
一株であの大きさ。花の数も半端じゃなさそう・・・
しかも、その花一輪が魅力的で美しく、さらに色の変化まであって・・・
あまりの存在感に,横に咲く 秋明菊?がかわいそうなくらい?
それとも、その対比がまたよかったりしてね。

是非 秋明菊もいつか取り上げてやってください。
楽しみにしています。




by sapporo-mama (2009-09-28 12:37) 

yuusuge

sapporo-mamaさん

お引っ越し後も札幌ー東京ピストンの超多忙な日々、大丈夫かと心配しておりました。
久しぶりのコメント!今日はやっとほっとしました。ありがとう!

内心ちょっと後ろめたく思いながらも、このブログでは花たちのいいとこだけをお見せしています。華やかなときは短く、花後はみすぼらしいことが多いのですよ。

秋明菊よくわかりましたね。
先日、秋明菊をアップしようと思いました。簡単にさらりと写真を並べるつもりでしたが、よく見ると??? また後のお楽しみ!

間もなくナナカマドが紅葉するのでしょうね。
余裕ができましたら、少しでも札幌の最後の秋を楽しんでください。


by yuusuge (2009-09-28 15:53) 

sapporo-mama

ご心配頂き、ありがとうございます。
やっとこの夏の移動と行事も終わり、
これから半年、静かに??落ち着いた生活をしたいと思います。

さて、秋明菊。取り上げてくださるのね。嬉しい。
私の好きな花の一つです。
とはいえ、札幌に来てこの花を知りました。
ご近所の庭に咲いていたのですが、
秋の庭に 強い意思表示をしているかのごとく咲くこの花に惹かれました。

酔芙蓉の写真の横に見つけて 
yuusugeさんの庭にも咲いていることがすごく嬉しくて
思わず、リクエストしてしまいました。


よく見ると???なんでしょう。
楽しみに待っていますね。
私も観察できる場所があれば、前もって観察してみます。





by sapporo-mama (2009-09-28 16:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: