So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤエクチナシ [花木(夏)]

ヤエクチナシ
 八重梔子
 アカネ科 クチナシ属の常緑低木

一重のクチナシについては2012.1.14.の記事「クチナシ」に書きました。
庭にはもう1株八重のクチナシがあります。
これは園芸品種だと思い込んでいましたが、「朝日百科植物の世界」にはヤエクチナシという変種があることが記されていました。
「変種に、花全体が大きく、八重咲きのヤエクチナシ Gardenia jasminoides var. ovalifoliaがある。中国のほか、日本では九州で古くから知られ、熊本市の立田山では、国の天然記念物に指定されている。」
熊本市のホームページでは立田山ヤエクチナシは花径6〜9cmと記載されています。
一方、直径9~10㎝の「オオヤエクチナシ」という園芸品種もあるそうです。
この庭のヤエクチナシの花の直径は5cm内外、オオヤエクチナシではありませんが、希少なヤエクチナシの子孫とも言いかねます。

6月20日、真っ白い八重の花がたくさん咲き芳香が漂っていました。
ヤエクチナシ開花6花wb.jpg

蕾が開いていく頃が最も美しいと思います。
クチナシ20120916wb.jpg

葉は濃緑色で光沢があり白い花の美しさを強調するかに見えます。
ヤエクチナシ2012葉wb2.jpg

雨の中の開花。
開花期は6〜7月、梅雨と重なるためやむを得ません。
ヤエクチナシ開花中wb.jpg
 
雨後、横からの撮影です。
ヤエクチナシ開花横wb.jpg

またまた 雨・雨。
クチナシ雨wb.jpg

きれいに開いたと思ったら、もう花弁には細かいしみが現れています。
ヤエクチナシ花盛りwb.jpg

八重の花の多くは雄しべが変形して花弁になっているようです。
ヤエクチナシの雄しべを観察してみます。
やはり開花中には一重のクチナシのような大きな雄しべは現れません。
しかし全開すると中央に雌しべと雄しべが見られました。
ヤエクチナシ花粉3wb.jpg

反対側を見ると貧弱な雄しべながらまだ花粉を出していて、柱頭にも花粉がスタンプされていました。
雄しべには一重のクチナシと同じ機能はあるものの果実を作るまでには至らないようです。
少なくてもこの株ではここ数年間に果実を見たことはありません。
ヤエクチナシ花粉2wb.jpg

まだ開ききっていない花を見つけ残りの花弁を指で開くと、既に花粉を出し尽くした3本の短い雄しべが現れました。花粉はたっぷり柱頭にスタンプされています。
さらに若い花を試そうとしましたが、たくさんの花弁がきっちり巻いていて開ききれませんでした。
ヤエクチナシ花粉5wb.jpg

6月末日、41年間続けた家業に終止符を打ちました。
最後は多忙をきわめ、その後は疲れが蓄積、まだ残務整理もあり落ち着きません。
この間、ブログどころではありませんでしたが、今日は書きかけてあった記事をやっとまとめました。
コメント(10)