So-net無料ブログ作成

オオスカシバの幼虫  [昆虫]

ヤエクチナシの花の左下にあるのは何でしょう?
果実ではありません。
ヤエクチナシ虫食い2wb.jpg

柔らかい花弁が食べられ丸坊主になっています。
犯人は誰?
ヤエクチナシ虫食い1wb.jpg

蕾が頭から食べられたようです。萼片も右の花に2枚しか残っていません。
オオスカシバ幼虫クチナシ食痕wb.jpg

蕾や柔かい葉を選んで食べています。
オオスカシバ食害2wb.jpg

出た〜!!! 
これぞ、犯人! オオスカシバの幼虫でした。
オオスカシバ幼虫2wb.jpg

丸々太った大きな体で花弁にむしゃぶりついています。
オオスカシバ幼虫5wb.jpg

幼虫は長さ約6cm。
左が頭部、続く胸部には爪のある胸脚が3対、腹部には腹脚が4対と尾脚1対、さらに尾角が突出しています。
黄緑色に赤い斑点(気門)、表面は光沢があって、オオスカシバは幼虫の時からおしゃれな感じです。
オオスカシバ幼虫全wb.jpg

袋状の腹脚が枝にぴったり付いています。
脚部の脚wb.jpg

よく見るとあっちにも、こっちにもいました〜。
腹脚で吸盤のように固定されて逆さになっても落ちません。
幼虫は黄緑色ばかりではなく褐色の個体もあるそうです。
オオスカシバ幼虫4wb.jpg

5月9日、オオスカシバがヤエクチナシの周りを飛び回っていました。
この腰の動きは産卵のようです。
産卵20150209wb.jpg

その後、確かにヤエクチナシの若葉の裏に卵を発見!
この卵が孵って育った幼虫もこの中にいるかもしれません。
産卵直後wb.jpg

これは2012年に載せたオオスカシバの画像です。
この成虫は庭に来る昆虫の中では美しい虫として歓迎したいくらいです。
でもそうするとヤエクチナシが全滅しそう。それも困ります。
オオスカシバを助けるか、ヤエクチナシを守るか、大変悩ましい選択になりました。
結論は転居。
幼虫は葉が柔らかなヤエクチナシから自生の大株のクチナシへ移住してもらいました。
オオスカシバ2-2011wb.jpg
コメント(12)