So-net無料ブログ作成

アキチョウジとセキヤノアキチョウジ  [草花(秋)]

アキチョウジ
 秋丁字
 シソ科 ヤマハッカ属
 愛知県以西の本州・四国・九州に自生する多年草
 花期:9月~10月
 草丈:約1mくらいまで  

セキヤノアキチョウジについては2010年11月の記事にしました。
しかしアキチョウジとの違いがわかりにくく疑問が残りました。
その後ここ愛知県は東のセキヤノアキチョウジと西のアキチョウジとが重なる地域だと知り、2種を庭に植えて比較することにしました。
昨年アキチョウジの苗を入手、セキヤノアキチョウジに比べて成育が思わしくありませんが今年は両者の違いを確認することにします。

青紫色の長い花冠はセキヤノアキチョウジとそっくりです。
花冠の大きさも同じく約2cm。
アキチョウジ正面wb.jpg

アキチョウジの最もわかりやすい特徴は、花柄が短く1cm未満であることです。
花柄の分岐も少なく、花はしばしば並んで密集して咲いています。
葉はセキヤノアキチョウジと同じく対生。
アキチョウジ2014花柄3wb.jpg

セキヤノアキチョウジとの二つ目の鑑別点は萼片の形です。
アキチョウジの萼片はセキヤノアキチョウジのようには尖らず、切れ込みが浅い。
アキチョウジ花柄3wb2.jpg

花冠はセキヤノアキチョウジと同じく上唇4裂、下唇は浅く2裂して舟形に突出。
雄しべの葯が4つ、にこやかに覗いています。
アキチョウジ雄しべ4wb.jpg

日陰の株は淡い桃青色でした。
花冠には柔らかい細毛がびっしり生えています。
アキチョウジ毛wb.jpg

花冠が落ちて萼が露出すると萼片の形がよくわかります。
上部の3裂片の先は尖らず、切れ込みが浅い。下部は四角に見えます。
アキチョウジ花後wb.jpg

三つ目の違いは花柄に密生する細毛があることです。
そのため短い花柄はセキヤノアキチョウジよりやや白っぽく、いくらか太く感じます。
アキチョウジ花柄の毛3wb.jpg

種子は4個づつ出来る(4分果)はずですが、植えて2年目のせいか、今年は多くて3個でした。
アキチョウジ果実2wb.jpg

平開気味だった萼が筒状になって種子を守ります。
アキチョウジ果実3wb.jpg


セキヤノアキチョウジ
比較のためセキヤノアキチョウジの画像も並べます。
3株3カ所に植えたセキヤノアキチョウジは日当たりの良い順に咲き、最後の1株は11月になってもまだ咲いています。
セキヤノアキチョウジ20151029-1wb.jpg

植えてから10年ほどになり、日陰のせいか1mを越す茎もあります。
しな垂れやすく、倒れかかって風に揺れています。
セキヤノアキチョウジ乱れ咲きwb2.jpg

途中で茎が折れると分枝がたくさん出て房状に咲くこともあります。
アキチョウジ20111108wb.jpg

花の大きさはアキチョウジと同じく2cmくらい。
葯が4個と雌しべ1本が覗いています。
花冠にはアキチョウジと同じく細毛が密生。
セキヤノアキチョウジ雄しべ4wb.jpg

零れ種から自生した2世。草丈20cm弱ですが花が咲きました。
アキチョウジと異なり、下段の花柄は1cm以上あります。
セキヤノアキチョウジ2015wb.jpg

一般には花柄は分岐が多く、細く褐色を帯びて1〜3cmあります。
5裂した萼片の先端はアキチョウジより尖っています。
セキヤノアキチョウジ花と萼2wb.jpg

花冠が落ちると中心部に種子4個が辛うじて見えます(4分果)。
セキヤノアキチョウジ花後wb.jpg

花柄を接写してもアキチョウジにあったような細毛は目立ちません。
セキヤノアキチョウジ花柄の毛3wb.jpg

早く咲いた株ではすでに種子が褐色になってこぼれ落ちつつあります。
今のところアキチョウジより結実しやすく、ここでは4個がづつ揃って実っています。
セキヤノアキチョウジ果実5wb.jpg

種子は直径約1mm。白く見えるのはエライオソームでしょうか?
アキチョウジ種子3wb.jpg

花だけ見ると同じに見えるセキヤノアキチョウジとアキチョウジ。
こうして比べてみるとどこが異なるのか、納得できました。
アキチョウジは今はまだ30cmくらいしかありませんが、成長が楽しみです。
コメント(12)