So-net無料ブログ作成
検索選択

ナツツバキの実 [花木(冬)]

ナツツバキの実
 ナツツバキ(夏椿)はツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。
  学名: Stewartia pseudocamellia
  別名:シャラノキ(沙羅樹)(娑羅樹)
  
今年はナツツバキにたくさんの果実が出来ました。
ナツツバキの花はすでに2009年6月に記載しましたが、今回はこの実を見直します。
 http://yuusugenoniwa.blog.so-net.ne.jp/2009-06-28
ナツツバキ果実多々wb.jpg

すでに葉は全て落ち、硬い蒴果が裂開しています。
ナツツバキ実2015-1wb.jpg

白い花は6月開花。直径約5cm。
蒴果とは対照的で、柔らかくふくよかな花です。
5枚の花弁が基部で合着する離弁花。
ナツツバキ2015-1wb.jpg

花冠は1日で雄しべと共に潔く落ちて、雌しべだけ残った球状の実になります。
右は大きく膨らんで開花を待つ蕾。
ナツツバキ若い実wb.jpg

雌しべは枯れても長く残ります。
子房の膨らみに伴って萼は次第に大きくなっていくはずですが、その画像がなく残念です。
ナツツバキ実2wb2.jpg

紅葉の頃には果実も茶褐色になり、5枚の萼片が開きかけています。
ナツツバキ枯れ実1wb.jpg

萼片が花弁のようにほぼ平開。
ナツツバキ枯れ実2wb.jpg

蒴果は5裂、萼片も落下していきます。
ナツツバキ果実萼wb.jpg

萼片が全部ないものが多く見られます。
すでに冬芽も輝き始めました。
ナツツバキ実1wb.jpg

種子は残っているのでしょうか?
この2果ではもう種子がこぼれて空っぽのようです。
ナツツバキ実2015-5wb.jpg

この果実にはまだ種子がありそう。
ナツツバキ実5wb.jpg

右3室に種子が見えます。
種子は1室に1〜2個入っています。
ナツツバキ種子残存wb.jpg

大きな萼片が花びらのように5枚とも残った果実。
萼片の外則は細かい毛に覆われています。
ナツツバキ実3wb.jpg

まるでドライフラワーのよう。
ナツツバキ実2wb.jpg

種子が残っていた果実を採り、種子と並べました。
右側の小さい方はヒメシャラの果実です。
種子は共に長径約6mm。
ナツツバキ果実1wb.jpg

追加:種子は 6x 4x 2mm。
 外側は亀の甲羅のようにやや膨隆しています(右と左の種子)。
 横半分に切りました。白く見えるのは胚乳でしょうね(上の断面)。
ナツツバキ種子割面wb.jpg
 
ヒメシャラはナツツバキより少し早く花が咲きます。
花は高所に多く、たいていは落花して初めて開花に気付くのです。
花の直径はナツツバキより小さく約2cm。
ヒメシャラ花1wb.jpg

今年の年末は多事多難、あっというまの師走でした。
ゆっくり花たちと過ごせる時間がほとんどなかったのが残念です。

とぼとぼと途切れがちのブログですが、お付き合いいただいてありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えください。
コメント(14) 

常緑ヤマボウシ  [花木(冬)]

古代色のような赤、これは何の実でしょうか?
大きさは直径約1.5〜2.5cm。
常緑ヤマボウシ実20151212-1wb.jpg

この実は10年以上前に植えた「常緑ヤマボウシ」の果実です。
窓のすぐ西側に植えたせいか、生育が悪く、写真も撮りにくい花木でした。
今秋は実に気付いていましたが、もっと赤くなるまでと待つうちに、先日の大雨で落果。
これを機に「常緑ヤマボウシ」について調べてみました。
常緑ヤマボウシ全3wb.jpg

常緑ヤマボウシ
 常緑山法師  ミズキ科  サンシュユ属
 
常緑ヤマボウシは中国などの原産種から作られた栽培品で、2系統に分類されているようです。 
 (追記:この項一部訂正しました。今後もさらなる訂正が予想されます。)
1)トキワヤマボウシ Cornus hongkongensis 原産:中国南部・香港・東南アジア
  (1)ホンコンエンシス  
  (2)ガビサンヤマボウシ C. hongkongensis subsp. melanotricha
  (3)「月光」 最も花数多く最近よく流通している品種。
2)ヒマラヤヤマボウシ Cornus capitata  原産:中国西部・インド・ネパール
    「マウンテン・ムーン」など。
    
しかし、古い株は品種不明瞭のものが多いとか、この庭の木も同定不能のようです。
2005年初めて咲いた花はこんな姿でした。
ヤマボウシと同じく花弁と思われるのは4枚の淡いクリーム色の総苞片。
常緑山ボウシ2005wb.jpg

これが最も多く花が咲いた時の写真です(2010.5.18.)。
一気に咲くのは珍しく、普通は時々ポツリポツリと花が咲いています。
常緑ヤマボウシ2012.wb.jpg

この総苞片の形は2005年の花とは異なり、細長く先端が赤く染まっています。
上の4種の常緑ヤマボウシの検索画像にも合致するものがありません。
常緑ヤマボウシ0503-1wb.jpg

本当の花が咲き始めた頃です。
ヤマボウシと同じく中央に集まって咲く小花。
接写画像が撮れていませんでした。
常緑ヤマボウシ2009開花wb.jpg

頭状花序の花が終わると複合果が実ります。
常緑ヤマボウシ実1wb.jpg

11月28日。果実が色付いてきましたが葉は緑色を保っています。
小球状の緑色のものは蕾です。
常緑ヤマボウシ実2015wb.jpg

蕾は総苞片や芽鱗片で覆われず、花芽たちは露出したまま冬を越します。
12月になると葉脈や葉の辺縁が薄赤く染まりました。
常緑ヤマボウシ蕾1wb.jpg

葉はあまり幅広くない被針形で光沢無く、厚みも目立ちません。
下部の葉は先端が赤くなったり、黄変したりしています。
常緑ヤマボウシ葉2wb.jpg

これは昨年12月18日の画像です。
今年より寒かったせいか、果実も葉も紫紅色を帯びていました。
常緑ヤマボウシ果実20141218wb.jpg

今年落下したドーム状の果実を割ってみました。
意外にもヤマボウシのような種子は出来ていません。
赤い方をかじってみました。
かすかに甘みはあるもののおいしくはありませんでした。
検索した常緑ヤマボウシの中には美味しい実がなるものもあるようです。
常緑ヤマボウシ実割面wb.jpg

比較のためヤマボウシの写真を添えます。

ヤマボウシ
総苞片は白く大らかな感じです。葉の幅は広く、薄い。  
ヤマボウシ2014wb.jpg

中央に球形の蕾。
ヤマボウシ2wb.jpg

これが本当の花の開花です。花弁・雄しべとも4個づつ。
ハナミズキ全開1wb.jpg

秋には真っ赤な果実が実ります。
ヤマボウシの生果実wb.jpg

長い柄の先に赤い球状の実。
ヤマボウシ赤い実wb.jpg

よく熟したものを二つに割って試食しました。
濃い黄色の果肉は甘く、中から硬い種子も出てきました。
下の画像の種子は洗って果肉を取り去ったものです。
ヤマボウシの果実6wb.jpg

常緑ヤマボウシについてさらりと載せようとしましたが難航しました。
園芸店には一部紅葉した高木に小さな蕾がたくさんついていて 「月光」かと思いました。
最近の常緑ヤマボウシの新しい品種は、常緑でヤマボウシより花数が多く、花期も長く、シンボルツリーとしてお勧めに木になっています。
しかし、この庭の木は成長しにくく、花が少なく、品種の同定も不能。
ヒマラヤヤマボウシではないから、ホンコンエンシスの系統でしょうか。
一般に常緑ヤマボウシは育てやすいようですが、時に育ちにくいことがあるそうです。
どうもこの木はその例外に当たったようです。

追記:ヒマラヤヤマボウシの学名を初め Cornus capitana と誤記していました。
   12.16. エフ・エムさんに教えていただき、訂正しました。
コメント(12) 

暖かかった11月の庭 2015 [庭便り(秋)]

今年の11月は、こちらでは平年より2℃ほど高く暖かい日が続きました。
毎年1番乗りのツバキは関戸太郎庵
例年より2週間くらい早く咲き出し、11月中旬にもう満開でした。
ツバキ関戸太郎庵2015-1wb.jpg

満開といっても関戸太郎庵の花は一重の筒咲きで大きくは開きません。
江戸中期の茶人 高田太郎庵から 尾張の豪商 関戸家に伝えられたツバキだそうです。
奥ゆかしく慎ましやか、そしてふくよかな花は茶人にも愛でられたのでしょう。
太郎庵2012-3wb3.jpg

花粉は出ていますが、これくらいまで開くと咲き乱れず落花します。
ツバキ関戸太郎庵-2wb2.jpg

11月28日、クリスマスローズ ニゲルの初花を見つけました。
いつもはクリスマスの頃、こんなに早いのは初めてです。
cローズ2015-1wb.jpg

やはりニホンズイセンも早い! でも一斉にではなく少数派です。
ニホンズイセン2151124wb.jpg

一方、クロホオズキは果実をたくさん作りつつ、未だに花も咲かせています。
クロホウズキ2015-7wb.jpg

驚いたことに2010年と比べて今年の果実は真っ黒です。
クロホウズキ2015-1wb.jpg

ルッコラの種を蒔いたところに一足早くクロホオズキが発芽、畑一面に広がりそうな勢いです。
クロホウズキ2世wb.jpg

同じく自生のポリジは二度目の花が咲きはじめました。
ポリジ2015wb.jpg

このルドベキアも11月に開花。真夏の花。こんなに遅い開花は初めてです。
ルドベキア20151202wb.jpg

草花が育ちにくいハナミズキの根元を覆うのは白花のオキザリス。
これは例年でも11〜12月に開花します。
オキザリス バリアビリス/ホワイトとして記事にしてから4年間放置です。
オギザリスW2015−1wb.jpg

マルバノキの小さな花も11〜12月の花です。
毎年紅葉を期待するのですが、一向にその気配なく落葉。
葉に隠れていた蜂の巣が現れました。
マルバノキ蜂の巣wb.jpg

マルバノキの花は背中合わせに2個一組。
これは2012.12. 9. マルバノキとして記事にしましたが、この画像ではふたつの雌しべが写りました(画像は全てクリックすると大きくなります)。
葯は未開で花粉が出ていませんから雌性先熟ですね。
マルバノキ花2015-1wb2.jpg

これは白い花粉の雄性期。
5枚の花弁の下にもう一組の花弁、その下に細い綿毛が揺れていました。
マルバノキ花2015-2wb.jpg

ミノムシの大群がついて一度は枯れかけたヒメイチゴノキが復活しました。
今年はたくさん蕾を付けています。
イチゴノキ2015-1wb.jpg

もう蜜が出ているのでしょうか、昆虫が飛び交っています。
これはキゴシハナアブのようです。
イチゴノキ花蜂wb2.jpg

今年の新顔のマンサク。
紅葉するとは知りませんでした。来春が楽しみです。
マンサク紅葉1wb.jpg

この暖かさで各地の紅葉名所はがっかりだったようです。
うちのドウダンツツジもやっとここまでです。
ドウダンツツジ紅葉wb.jpg

今年は暖かくて霜月を過ぎても初霜が見られません。
そのため庭の菜園の野菜は成長が早くて今までで一番大きなカブやホウレンソウになりました。
明日の気温も例年の10月下旬くらいとか、師走の初雪はなさそうです。
シモバシラにも氷の花が見られないかもしれませんね。
コメント(12)