So-net無料ブログ作成
検索選択

オオチョウジガマズミ ? [花木(春)]

オオチョウジガマズミ 
    大丁字ガマズミ
  レンプクソウ科( ←スイカズラ科)ガマズミ属の落葉低木
  学名:Viburnum carlesii var. carlesii
  花期:4月
  分布:長崎県の対馬・済州島・朝鮮半島南部
     絶滅危惧ⅠB類 (EN) 

今年はオオチョウジガマズミに蕾がたくさん出来ました。
この花は2009年4月にも少し登場しましたが、もう一度取り組みたく思っていました。
ところが調べてみると、日本での分布は対馬のみに限られた絶滅危惧種であり、数種の交雑種が販売されていることもわかり、これが真のオオチョウジガマズミかどうかと悩みました。
16年前苗を購入した地元の園芸店は既に閉店し、尋ねることもできません。
悩んだ末、お教えを期待して(?)をつけての再登場とさせていただきました。
どうぞよろしくお願い申しあげます。

3月29日、赤い蕾が揃いました。
20160329-2wb.jpg

3日後には開花し始めました。
20140401-3wb.jpg

その経過を接写で見ていきます。
3月25日、赤褐色の蕾を発見。
20160325-1wb.jpg

蕾は次第に桃赤色になり花筒が伸びます。
オオチョウジガマズミ2013蕾wb.jpg

開花直前。花筒は白く花冠はピンクに染まりました。
20140403-3wb.jpg

「げんこつ」を突き出したような蕾。
オオチョウジガマズミ09蕾wb.jpg

一番美しい頃です。
オオチョウジガマズミ0704wb.jpg

花冠の裏はピンク、表は白色。
花が咲くと辺りに芳香が漂います。
オオチョウジガマズミ2012-2wb.jpg

ぽったりした厚い花冠は5裂。
20140403-5.wb.jpg

雄しべは花筒から飛び出さず、雌しべはさらに奥にあるようです。
花筒を開いて見なかったことが悔やまれます。
20140403-6wb2.jpg

背面。名の如く丁の字に開いていることがよくわかります。
20140403-7wb.jpg

開花しきると白い花に見えます。
オオチョウジガマズミ2014-3wb3.jpg

4月3日、すでに花は殆ど白くなってしまいました。
20140403-8wb2.jpg

枝は上に伸びるよりゆるく垂れ下がります。
20140403-8wb.jpg

柔らかい毛に覆われた対生の葉も美しい。
今一番大きい葉は9 X 7.5cm。
オオチョウジガマズミ葉0430-2wb.jpg

オチョウジガマズミの葉はチョウジガマズミの葉に比べて円くて大きいそうです。
この葉は標準的な大きさで(6 X 6cm)で類円形。
星状毛が葉の表にも裏にも密生するため葉はしろっぽく見えます。
オオチョウジガマズミ葉円wb.jpg

未だに樹高は1.2mくらい(左上はマルバノキの葉)。
オオチョウジガマズミ葉0430-1wb.jpg

今年の花もあっさり終わりました。
赤い実がなるそうですがまだ一つも見たことがありません。

オオチョウジガマズミはチョウジガマズミの基本種と言われます。
チョウジガマズミ(Viburnum carlesii var. bitchiuense)は中国地方、四国の香川県・愛媛県、九州の福岡県・朝鮮半島に分布し、葉にも違いがあるようです。
またオオチョウジガマズミには交雑種も数種あり、販売もされていますから要注意です。

この花についてご教示いただけましたら幸いです。
コメント(12)