So-net無料ブログ作成

ノリウツギ2種 [花木(夏)]

ノリウツギ
 糊空木 アジサイ科アジサイ属の落葉低木
 学名:Hydrangea paniculata
 別名:サビタ・ノリノキ
 分布:北海道、本州、四国、九州
 花期:6〜8月
 高さ:2〜5m
ノリウツギは円錐花序と粘着性のある樹液を特徴とするアジサイ属の低木です。
この庭には2種のノリウツギの園芸種が咲きます。

ダルマノリウツギ
達磨糊空木
15年前に植えた1株がこんな大株になりました。
はじめ「達磨乗り空木」かとも思いましたが、糊空木の矮性種でした。
さらに調べるとノリウツギの中でも早咲きのエゾノリウツギの変異種のようで、苗は園芸店で販売されています。
ダルマノリウツギ2014wb.jpg

ガクアジサイのように周辺に装飾花、中央に両性花が開きます。
高さは約1m。剪定もほとんど要らず、庭には重宝な花木です。
ダルマノリウツギ2009wb.jpg

円錐花序。
装飾花は白い萼片4枚が花弁のように開きます。直径約3cm。
ダルマノリウツギ11-14wb.jpg

この花はハナムグリの大好物らしく、咲くや否やどこからともなく集まってきます。
アオハナムグリは緑色に光って美しい。
ダルマノリウツギ2012ハナムグリwb.jpg

貪食中の大きなアオハナムグリ。
ダルマノリウツギ11-2wb.jpg

両性花は花弁5枚、雄しべ10本、雌しべは3本が多いようです。直径約1cm。
装飾花の蕾は開きません。
ダルマノリウツギ2wb.jpg

両性花が散る頃、装飾花はピンク色を帯びます。
ダルマノリウツギ紅変wb.jpg

さらに装飾花は下垂して俯きます。
ダルマノリウツギ紅化1wb.jpg

びっしりと集簇する若い果実。
概ね3個づつ、柱頭の跡が残っています。
ダルマノリウツギ若い実wb.jpg

昨年9月23日の画像。
蒴果はすでに開いていますが、装飾花の萼はまだ残っています。
ダルマノリウツギ果実0923-1@2.jpg

そのまま放置したら雪の日のアクセサリーに。
ダルマノリウツギ枯花2014-2wb2.jpg

ピラミッドアジサイ
 学名:Hydrangea paniculata f. grandiflora
 花期:7〜8月
もう一種類は殆どが装飾花で両性花が無い、もしくは非常に少ない園芸種です。
水無月(旧暦)に咲くので「ミナヅキ」とも呼ばれます。
ノリウツギ2014wb.jpg

高さは2〜3mになりますが枝は直立しにくくしな垂れて、花は1〜1.5mの高さで咲きます。
葉は対生または3輪生。
ピラミッド2014wb2.jpg

クリーム色を帯びた白色の花が先の方へと咲き進みます。
ピラミッド2014-1wb.jpg

量感たっぷりの見頃の花。
この他、花の色がライムグリーンの「ライムライト」という品種も普及しています。
ピラミッド08-2wb.jpg

さて、やはり「糊空木」たる証拠を確認したくなります。
まず、ダルマノリウツギ(右)とピラミッドアジサイ(左)の枝を切り断面を見ました。
共に中心部は白く、発泡スチロールのように崩れます。これが空木の所以でしょう。
ピラミッド断面wb.jpg

次に糊の成分はどこにあるのでしょう。
ピラミッドアジサイの若い枝を切って茶色の樹皮(1段目)を剥ぐと、2段目の美しい緑色の靭皮(じんぴ)が現れます。
3段目は薄く剥いだ靭皮、この内側はネバネバします。
靭皮を剥いだあとは4段目のように白っぽくなりました。
ピラミッド樹皮2wb2.jpg

今度は出来るだけ1枚になるように樹皮(左)と靭皮(中)を剥ぎました。
やはり靭皮に粘液があるらしく、指で軽く押すと指に着いて持ち上がりました。
そこで同じように靭皮を数枚剥いで水を加えて放置したところ、とろりとした粘液が得られました。
これは2010年サネカズラで試したことを参考にしたのです。
ピラミッド樹皮2wb3.jpg

手作り和紙の作り方をブログ検索すると、コウゾ・ミツマタ・ガンピなどに「ねり」としてトロロアオイの根やノリウツギの皮を古くから用いていたと記されていました。
ノリウツギはトロロアオイのように温度の影響を受けることなく、夏季にも安定しているそうです。

気になっていたノリウツギをやっと記事にすることができました。
ピラミッドアジサイは今まだ蕾が出来かけたところです。
果実はできなかったと思いますが、今年また観察してみます。
コメント(14)