So-net無料ブログ作成
検索選択
草花(夏秋) ブログトップ
- | 次の10件

ジュズサンゴ [草花(夏秋)]

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

学名:Rivina humilis L.
ヤマゴボウ科の常緑多年草(小低木)
熱帯アメリカ原産、日本では明治後期に小笠原に帰化し野生化。
草丈:30〜100cm

昨年、園芸店で初対面、野草的な雰囲気に惹かれましたが、寒さに弱いという説明でしたから1株だけ購入、朝日が当たる軒下に植えました。
しかし、思いのほか発育良好で大きな株になりました。
そして今春、枯れたと思った株元から新たに芽が出てさらに大きく繁りました。
愛知県北部のこの庭では昨冬最低気温−5℃になった日があり、雪も2度降りましたが軒下は暖かかったのでしょうか。
ジュズサンゴ2wb.jpg

小枝が多数分岐し、対生の葉の葉腋から出た総状花序に白い小さな花が咲きます。
間もなく緑色の果実ができ、熟して紅く輝きます。
ジュズサンゴは夏から秋にかけて長い間、花と実が同時に見られるのが特徴です。
1枝切って1輪差しに活けても風情があります。
ジュズサンゴ花序wb.jpg

微風に揺れる花はなかなかピントが合いません。
ジュズサンゴ花2wb.jpg

花の直径は約5mm、花弁のように見えるのは萼で4枚。
ジュズサンゴ花7wb.jpg

4枚の萼の間から雄しべが4本、雌しべは1つ。
花は白色ですがやや淡桃色を帯びたものもあります。
ジュズサンゴ花2011wb.jpg

花を拡大すると雄しべの花粉、子房から突出する柱頭が確認できました。
雌しべの子房は1心皮からなり、柱頭も1本です
ジュズサンゴ花柱頭wb.jpg

受精を終えると萼や子房は緑色になります。まだ葯が残っていますね。
ジュズサンゴ受精後wb.jpg

緑色の蕾のように見えますが、これらは果実で種子が形成されつつあります。
ジュズサンゴ青い果実wb.jpg

果実は緑色から白色に、さらにピンクに染まっていきます。
珊瑚にもこんな色のものがありますね。
ジュズサンゴ若い実wb.jpg

果肉がつくと果実は直径4〜5mmになります。
ジュズサンゴ果実緑・真紅wb.jpg

この房は珍しく、下の実はまだ緑色ですが、上は赤、ピンクの実が1個だけあります。
ジュズサンゴ実緑・赤wb.jpg

紅い果実の萼は反り返って完熟、落下の準備完了です。
幼い頃のホオズキ遊びを思い出します。
ジュズサンゴ実2-2wb.jpg

果実の数もまちまち、20個以上のこともあります。
よく見ると果実の天辺には柱頭の後がぽつんと残っています。
ジュズサンゴ柱頭跡wb.jpg

7月29日。
親株から2m程離れた所からは、こぼれ種から発芽したと思われる新株が育ち、花が咲き始めました。
庇の下で乾燥気味な場所ですが元気に育っています。
ジュズサンゴ隅0729wb.jpg

9月6日。既に高さ60cmになり、花穂がいっぱいです。赤い実も数房ありますね。
ジュズサンゴ隅wb.jpg

9月26日、最盛期。(画面をクリックして見て下さい。)
ジュズサンゴ0906全wb.jpg

果実をひらいてみますと、黒っぽい円盤状の種子が出てきました。
周りの果肉は熟した柿のように柔らかく、紙に圧すと黄橙色に染まりました(右上)。
左下の緑色の果実からも黒い種子がごろんと出てきてびっくり。
ジュズサンゴ液果wb.jpg

この紅いおいしそうな実、鳥が食べに来ている様子も無く、アリが運んでいくのも見たことがありません。
購入時のラベルには「*注意 食べられません!」と書かれています。
毒性があるのでしょうか? しかし試食体験記事はみつかりません。
検索中、「ジュズサンゴの果肉の色素にはベタレイン系色素が含まれ、ワインや菓子などの食品の着色、織物の染色に利用されている」と明記されている文献を見つけました。
それではやはり試食です。
5粒舌に載せて圧しました。
ほのかに甘いかなと思われるくらいで、刺激も香りもありません。
口を漱ぐと水がオレンジ色!!!
黄色やピンクの実ができる園芸品種もあるそうですが、まだ見たことはありません。
コメント(12) 
- | 次の10件 草花(夏秋) ブログトップ